熊本市の
広域防災センターを見学しました


1998/1/24(土) 場所:





熊本には珍しい雪の中を
市電で防災センターに向かいました。



防災センターに入ると、熊本市全体の地図があります。

昭和28年の大水害の様子を示す模型もありました。


最初に、救急法のお話をうかがいました。

カブスカウトのチーフは、三角巾として使えるんですよ。


人形を使って「気道確保」の大切さも学びました。


最新型の救急車の中は、いのちを守る装置でいっぱいです。



震度7の地震や、台風の強い風も体験して、びっくりの連続。


最後は、火災体験ドームで、煙の中から脱出しました。
真っ暗な部屋から出て、煙の通路を避難するのは大変なことだとわかりました。

カブスカウトのページにもどる